当ブログについて

当ブログ「がんって何?」について

運営者

私は日本では放射線治療専門医としてがんの診療・研究に従事しておりました。現在はカナダのトロントに留学し、がんの研究を行っています。

当ブログの目的

近年、高齢化に伴いがんを発症する患者さんの割合は増加し、がんは珍しい病気ではなくなりました。また、医療技術の進歩により、生存率も大きく向上し、治療による副作用も大幅に低減されました。

一方で、がん治療には昔より多くの選択肢が存在するようになり、がんに関する情報も週刊誌やインターネットには溢れるように存在するようになりました。

しかし、多岐にわたる情報が氾濫するようになったせいで、一般の方が「正しい情報」を得ることは非常に困難な状況になったとも言えます。特に、週刊誌などでは商業目的かと思うような記事や自称”医療ジャーナリスト”の奇をてらっただけの記事が多く掲載され、がん患者さんに迷いを与え、完治できる可能性の高い患者さんが怪しげな民間療法に流れてしまうこともよく経験します。

そのために、現時点で正しいと思われるがんに関する情報を一般の方向けに発信するブログを作ることにしました。

なお、がん研究は日進月歩であり、今正しいと思われる情報であっても、将来否定されることもあるでしょう。そのような場合、それも含めて記事にしていければいいなと思っております。

また、個人のブログということもあり、私が経験している海外留学に関する記事なども載せています。(本来なら別のブログにすべきなのでしょうが、手間などもかかってしまうのでご容赦下さい)