意外に難しい「がん」の分類

始めに

日本国民の2人に1人ががんになる時代になり、「がん」という言葉をよく耳にするようになってきました。
例えば「胃がん」と聞くと、「胃にがんができたんだな」と分かりますが、一方で「腫瘍」「がん」「癌」「肉腫」「悪性腫瘍」「良性腫瘍」「上皮内癌」「早期がん」「進行がん」「扁平上皮癌」「腺癌」など様々な言葉が存在するせいで、混乱を招いている印象があります。
今回は、この辺りを整理しておきたいと思います。

「がん」と「癌」

まず、勝手にどんどん増殖するもの「腫瘍」とよびます。

ただ、大きくはなるけれども、周囲に浸潤したり別の臓器に転移したりせず、そこまでタチが悪くないもの「良性腫瘍」と言います。ただ、下垂体腺腫のように良性であっても、大きくなると周囲を押して症状が出現するような場合には手術や放射線治療などの治療が必要になることもあります。

一方、腫瘍のなかでも、どんどん増殖するだけでなく、色々な所に浸潤したり転移したりする、タチが悪いもの「悪性腫瘍」と言い、これを一般的には「がん」とよびます。

次にがんは、起源となる正常細胞によって呼び方が多少変わります。

最も多いタイプは、上皮細胞由来の「上皮性」のがんで、これを漢字で「癌」と書きます。ここでいう「上皮」とは、皮膚だけでなく、管状のもの(食道・胃・腸・肺・膀胱・尿路など)の内腔面、身体の内部にある空洞(胸腔・腹腔など)の内腔面、さらには消化液などを分泌する臓器(肝臓・膵臓)の細胞なども含まれます。

それに対して、上皮以外の筋肉や骨などから生じるがんのことを「肉腫」といいます。

さらに、骨髄で血液の成分をつくる細胞ががん化したものが「白血病」、骨髄で免疫細胞の一種である形質細胞ががん化したものを「多発性骨髄腫」、リンパ球ががん化したものを「悪性リンパ腫」といい、これらは「造血器腫瘍」とよばれます。

「上皮内新生物(上皮内腫瘍)」と「上皮内癌」

がん保険に加入している人であれば、「上皮内新生物でもがん給付金がでる!」とか宣伝しているがん保険を見たことがあるかもしれません。

上皮内新生物(上皮内腫瘍)は基底膜を破って浸潤せず上皮内に留まっている腫瘍のことです。(大腸癌の場合だけ粘膜内に留まっている腫瘍)

つまり、表面だけに存在し、転移などを起こしていない非常に早期の腫瘍を意味します。

なお、この上皮内新生物(上皮内腫瘍)の中には癌とまで言えない前がん病変のようなものも含まれます。そして、組織を採取して顕微鏡で見たときに、細胞の顔つきが悪い場合のみ、上皮内癌と診断されます。

ただ、この辺りをクリアカットに診断することは現状は難しく、がん種によって厳密に区別をしないことも多いかと思います。

例えば、子宮頸癌の場合は、上皮内新生物はCIN1(軽度異形成)、CIN2(中等度異形成)、CIN3(高度異形成・子宮内癌)の3段階で評価しますが、CIN3には高度異形成と子宮内癌の両方を含んだ概念になっています。(異形成=前がん病変)

上皮内新生物という診断の頻度が高いのは、子宮頸癌以外だと、膀胱癌、大腸癌、乳癌、食道癌などがあります。

がん保険
がん保険における上皮内新生物は、本来の上皮内新生物の定義と少しだけ異なることがあります。がん保険の場合、治療の必要ない上皮内新生物(例:子宮頸癌のCIN1(軽度異形成))は上皮内新生物として認められない事が多いかと思います。また、がん保険によって、上皮内新生物でもがんと同等の保障をする商品、がんと比べて少ない保障しかしない商品、一切の保障のない商品があります。女性の場合、子宮頸癌における上皮内新生物の頻度が高いこと、乳がんでは上皮内新生物(厳密にはDCIS、LCISなどと呼ばれます)であっても、浸潤がんと同じ治療を行うので、上皮内新生物でも給付金がでるタイプのがん保険に加入する方がよいかと思います。

「早期がん」と「進行がん」

「私のがんは早期がんですか?進行がんですか?」という質問を患者さんからよくされます。私が推測するに、この質問の意味は「私のがんは、治せるような早期のものですか?それとも治すのが難しいような進行した状態ですか?」ではないかと思います。しかし、早期がん、進行がんという言葉にはすべてのがんに適応できる明確な定義がなく、定義があっても患者さんのイメージと乖離している事もあるために、説明に窮することが多いです。

ここで大腸癌を例に説明します。

実は大腸がんでは「早期がん」と「進行がん」の定義が厳密に定まっています。粘膜下層という場所までしか浸潤していなければ早期がん、それより深い場所に浸潤すれば進行がんとなります。しかし、この定義における「進行がん」は早期がんに比べると進行しているというだけであって、治すのが難しい程進行している、という意味ではありません。皆さんが想像する「進行がん」とは少し異なっているのではないかと思います。

一方で頭頸部癌のようにⅠ期Ⅱ期を早期がん、Ⅲ期Ⅳ期を進行がんというように、もう少し進行した状態まで早期がんに含めていることもあります。

このように「早期がん」「進行がん」の定義はがんの種類によってまちまちで、すべてのがんに応用できるような明確な定義はなく、患者さんが思い描く言葉の意味と異なっていることがあるので注意が必要です。

 

「扁平上皮癌」?「腺癌」??

これは組織型によるがんの分類になります。

組織型とは、がんを顕微鏡でみたときの見た目の違いで分類したものになります。

例えば、扁平上皮(皮膚など)の構造を持っていれば「扁平上皮癌」、分泌腺の構造を持っていれば「腺癌」というようになります。なお、稀ですが両方の構造を持つ「腺扁平上皮癌」なんてのもあります。また、がんの種類によっては、非常に多くの組織型があります。

この組織型は治療方針に直結するので非常に大事な情報になります。

そのため、がんが疑われたときには、生検といってがんの一部を採取して、組織をみる専門の医師である病理医に顕微鏡で観察してもらい、組織型を確定させる作業が必須になります。